特集バナー
お問い合わせ
特集バナー
Works

輸入壁紙を使ったリビングのリノベーション | 施工事例

輸入壁紙を使ったリビングのリノベーション

輸入壁紙を使ったリビングのリノベーション

友安製作所の所在地でもある大阪府八尾市。ご縁があり、市長の築30年以上のご自宅のリビングをヨーロピアンクラシック調にリノベーションさせていただくことになりました。
リビングには高さが6m近くもある大きな吹き抜けがあり、仕切り扉も上部が三角のFIX窓になっていたりと凝った造りの素敵なおうちですが、壁の布クロスが元の色がわからないほど茶色に変色し、吹き抜け本来の明るさや解放感がなくなっていました。
現場調査や打ち合わせを行った結果、間取りの変更はなく、基礎部分がしっかりしていたため今回は壁紙貼り替えや塗装のみの表層リノベーションとなりました。
奥様のお話を伺い、コーディネーターがご希望やご趣味に沿った壁紙をいくつか提案し、選んでいただいたアイテムで組み合わせ、表層とはいえ全く印象の違う劇的なリノベーションとなりました。
今回のリノベーションでは、DIYを推奨する当社に賛同してくださった市長も自ら積極的に壁紙貼りなどに参加してくださり、「Do it yourself.」を体験されました。

DATA

築年数
30年
面積
80㎡
工事部分
リビング(壁82㎡、天井面積19㎡)
工事内容
クロス貼り替え工事、塗装工事、仮設足場工事、防水工事
工期
5日間
建物種別
戸建て
所在地
大阪府八尾市
Before

壁紙が変色してしまった吹き抜け部分。
腰壁も変色。見切りや巾木には薄いグリーンの塗装が残っている。

After

ゴールドベージュのモロッカン柄の壁紙をベースに、上品なクラシックヨーロピアンなリビングをご提案しました。
中でも開放感のある6mの吹き抜け部分の天井には光沢のある白柄の壁紙で天窓と高い位置の窓からの採光を反射して明るいお部屋になるようにリノベーションしました。

奥の和室への間仕切りの襖には、情熱的な赤が目を引くグロリオーサの花柄の壁紙を奥様と一緒に選びました。お部屋に入るとインパクトのある花柄がパッと目に入りインテリアコーディネートの主役になります。シンプルなダイニングテーブルとソファを置けば完成。

もともとあった腰壁部分にはまるでソファの張り生地のように立体的に見えるフェイク壁紙を選びました。ヨーロッパの老舗のホテルのようなスタイルでご家族も大満足です。

Pic Up Products

入居者の声

自分自身でものをつくるということに、本当に久しぶりに携わって、改めてその楽しさを実感ました。
今回、自宅の壁紙の張替えをメインとしたプチリノベーションを行いましたが、数多くの壁紙の中から、出来上がりをイメージしながら選ぶことはワクワクしましたし、その中で妻との会話も弾みました。
こだわりを持ちつつも、はじめてのDIYでしたので、はじめは大変でしたが、やってみてとても充実した時間が過ごせました。